弁護士に依頼して、法律ばかり駆使しても、勝てるというものでもないようです。それは、離婚調停という本質が、法律だけで塗り固められているものでもないからです。調停委員も人間に過ぎず、人間味も多少外面にあらわれるものとすれば、調停委員をどれだけ、自分の味方につけることが出来るかということが大きな勝利のポイントとなります。

弁護士ももちろん、離婚調停というものがどのようなものかしっかり理解している訳ですし、弁護士がついて不利に離婚調停が進むということはまずあり得ないのです。どうしても、離婚したいという人たちは、やっぱり弁護士をつけるべきではないでしょうか。

ただし、中には、本来の仕事ではないという認識のもと、調停委員の特性のことまで詳しくない弁護士というものもいるようです。そのとき、どのような弁護士に依頼するかということもポイントになりそうです。

弁護士とは、自分で選ぶことが出来る存在なのです。弁護士費用の相場は、時間当たり10,000円程度の相談料のお金がまず必要です。離婚調停のサポートを依頼すると、まず「着手金」という費用が前払いで必要となり、相場は40万円です。

日当は1回当たり3万円+交通費が同席してもらうときに必要です。報酬金は、相場を考えると40万円+得られた経済利益(慰謝料や財産分与)の10%が相場です。

弁護士にお願いするか否かは、ケースバイケースのようです。離婚調停において、それほどまでに弁護士の存在価値が重視されてないというのもある意味事実のようです。

裁判と離婚調停は同じものではなく、裁判という舞台においては、弁護士は大いに力を発揮してくれることになります。離婚調停というあり方を、裁判と同一視しない方が良いです。弁護士を頼りすぎる気持ちにも、リスクはありそうです。

しかし、それでも弁護士を依頼した方が良いというケースもあります。離婚さえ出来れば、何も他に求めていないという人たちは、弁護士に依頼して有利に進めていくことが出来る場合もあります。それは、弁護士には多くのお金を必要とするからです。弁護士にお金がかかるのに、弁護士を敢えて呼んだということに対して、調停委員はどのような感じ方をするでしょうか。離婚したい気持ちは確固たるものだという判断をきっとしてくれるはずです。

調停委員の心情を揺るがすことは、弁護士に依頼することで出来るかもしれません。離婚調停なんて結局は人間と人間の関わり合い方の問題に過ぎないのです。離婚調停は法律が全部と理解している人たちも多いのかもしれませんが、実際には、法律が全部を支配する世界ではありません。

弁護士が実際に離婚調停に必要か否か、それぞれの人たちの判断ではないでしょうか。ただ、そのようなプロフェッショナルな力が側にあれば救われるという人たちも多くいます。弁護士が補助的なサポートだとしても確かに心強いものです。

更に、弁護士がしてくれることは、 書類作成や準備です。それだって、離婚を考える人たちは、はじめての体験で何をしていいか戸惑っているでしょう。そのようなあなたをきっと救ってくれるはずです。離婚調停をするために、申立書や陳述書など書類を作成する必要があります。弁護士に依頼すると、これら全て弁護士が行ってもらうことが出来ます。 そして、離婚に対しての法律的アドバイスを弁護士がしてくれます。

離婚調停の場所は、やはり、私達の日常生活に無関係な法律の言葉が飛び交う場所と考えた方が良いでしょう。法的アドバイスを受けるということは間違いなく自分自身にとって大きなメリットとなるはずです。

しかし、問題は弁護士に依頼するということは、弁護士に高いお金を支払いしなければならないということです。実際に弁護士にお願いしても、必ず有利になるということではありません。あくまでも、離婚調停は調停委員を挟んでの話し合いの場に過ぎないからです。

離婚調停はいろいろ難しい問題を抱えているようです。しかし、離婚如きで、弁護士まで必要なのかと考えることもあります。そもそも自分たちでまいた種ではありませんか。自分たちで解決しなければならないものではないでしょうか。ただし、離婚もおそらくはじめての体験です。慣れている人たちなど誰もいないはずです。

そのプロフェッショナルな存在は、一体どのようなサポートをしてくれるというのでしょうか。プロフェッショナルが、離婚調停に出て、何もかもやってくれるといいのですが、離婚調停に出席しなければならないのは、原則として本人であることにも変わりがありません。

本人たちの問題であり、本人から離婚の真相を確認する必要があります。そのとき、プロフェッショナルに同席をしてもらうことは可能です。しかし、調停委員とのやりとりはあなたが中心で行われるものです。プロフェッショナルに依存し過ぎのモチベーションもやはり問題がありそうです。

しかし、そのとき、ただプロフェッショナルは黙って、何もせずにいるということではなくて、助言をしてくれたり、調停委員の言動が不適切な場合、調停委員に対して指摘をしてくれたりしてくれます。

そのプロフェッショナルは、補助的なサポートに過ぎないのです。しかし、そのような人たちが、側にしてくれることは、かなり頼りになることなのです。兎に角、何度も離婚体験をしたベテランもほとんどいる訳がありません。更にお話しを続けましょう。