依頼のメリット

弁護士にお願いするか否かは、ケースバイケースのようです。離婚調停において、それほどまでに弁護士の存在価値が重視されてないというのもある意味事実のようです。

裁判と離婚調停は同じものではなく、裁判という舞台においては、弁護士は大いに力を発揮してくれることになります。離婚調停というあり方を、裁判と同一視しない方が良いです。弁護士を頼りすぎる気持ちにも、リスクはありそうです。

しかし、それでも弁護士を依頼した方が良いというケースもあります。離婚さえ出来れば、何も他に求めていないという人たちは、弁護士に依頼して有利に進めていくことが出来る場合もあります。それは、弁護士には多くのお金を必要とするからです。弁護士にお金がかかるのに、弁護士を敢えて呼んだということに対して、調停委員はどのような感じ方をするでしょうか。離婚したい気持ちは確固たるものだという判断をきっとしてくれるはずです。

調停委員の心情を揺るがすことは、弁護士に依頼することで出来るかもしれません。離婚調停なんて結局は人間と人間の関わり合い方の問題に過ぎないのです。離婚調停は法律が全部と理解している人たちも多いのかもしれませんが、実際には、法律が全部を支配する世界ではありません。