離婚調停で弁護士

離婚調停はいろいろ難しい問題を抱えているようです。しかし、離婚如きで、弁護士まで必要なのかと考えることもあります。そもそも自分たちでまいた種ではありませんか。自分たちで解決しなければならないものではないでしょうか。ただし、離婚もおそらくはじめての体験です。慣れている人たちなど誰もいないはずです。

そのプロフェッショナルな存在は、一体どのようなサポートをしてくれるというのでしょうか。プロフェッショナルが、離婚調停に出て、何もかもやってくれるといいのですが、離婚調停に出席しなければならないのは、原則として本人であることにも変わりがありません。

本人たちの問題であり、本人から離婚の真相を確認する必要があります。そのとき、プロフェッショナルに同席をしてもらうことは可能です。しかし、調停委員とのやりとりはあなたが中心で行われるものです。プロフェッショナルに依存し過ぎのモチベーションもやはり問題がありそうです。

しかし、そのとき、ただプロフェッショナルは黙って、何もせずにいるということではなくて、助言をしてくれたり、調停委員の言動が不適切な場合、調停委員に対して指摘をしてくれたりしてくれます。

そのプロフェッショナルは、補助的なサポートに過ぎないのです。しかし、そのような人たちが、側にしてくれることは、かなり頼りになることなのです。兎に角、何度も離婚体験をしたベテランもほとんどいる訳がありません。更にお話しを続けましょう。